キラリ☆ドリームアカデミー

大人がデジタル技術を身に着けることで収入に直結することができます。若年層がデジタル技術を身に着けることで、将来の日本を支える「人材の宝」となります。そんな、デジタル人材育成事業を推進中です。2022年、キラリ☆ドリームアカデミー開校予定です!!高校1年生必見!!大学共通テストに情報の科目が増えました!

キラリドリームプロジェクトリーダー ダブルインフィニティコーディネート齋藤博美
テレワーク

第1回「わくわくテレワーキング塾」を開催いたしました

8月22日(月)、第1回 「わくわくテレワーキング塾」を開催させていただきました。

今回は、テレワークという働き方について、自分の経験談も含めてお話させていただきました。
テレワークという働き方は、実はまったく新しいものではありません。
例えば「内職」として部品のはめ込み、衣料の仕立て…など実際にモノを作るサポートをする仕事もあります。母も以前、編み機を使った内職をしており、私も小さいころからその姿を見ていました。
でも今は、インターネットやパソコンというICTのインフラ(環境)が整備されています。それによって、これまでとは全く異なる働き方が注目されてきているのです。
在宅ワーク、リモートワークとも呼ばれていますが、それらを総称して「テレワーク」と呼ぶようになってきたのが最近の動向です。
おかげさまで、参加頂いたみなさんにもとても喜んでいただきました。
ありがとうございました。
次回は、
9/12(月) 13:00~14:30
「テレワークで出来る仕事を知ろう」
野守の宿(寿屋さん隣接)の寺子屋風な「和」の空間に包まれながら、ICTの最新技術を使った最新の働き方を、あなたも見つけてみませんか?
(参加頂いた方の感想)
  • 仕事の種類、クラウドワークスの特徴を学べた。ご自分が体験なさったことを交えて話して下さったのでわかりやすかった。1つ1つていねいに教えて頂いた。
  • テレワーキングでの仕事の探し方、種類など、どのように仕事をさがすかがわかった
  • 思った以上に仕事の巾があり選択が多いと思いました。トレーニングシートによって自分をふり返るきっかけとなった。
  • インターネット(パソコン)での在宅ワークの方法がわかった。
  • テレワークの意味がなんとなくわかって来た。
  • いろいろな家庭事情をふまえ努力している人がおおぜいいる事がわかった。
テーマ   「わくわくテレワーキング塾」

      第一回 どんな働き方ができるの?~テレワークの働き方を知る~

概  要

  • テレワークという働き方
  • 自分のライフスタイルの分析(家事・育児・介護・仕事)
  • テレワークの組織に登録して仕事を行う方法
  • インターネットを通じて仕事を行う方法(クラウドソーシング)
期  日  平成28年8月22日(月) 13:00~14:30
会  場  野守の宿(壽屋寿香蔵さんに隣接)
対  象  場所や時間にとらわれない自分らしい働き方を見つけたい方なら誰でも
主  催  NPO法人Yamagata1
講  師  齋藤博美(NPO法人Yamagata1所属、日本テレワーク学会員)
サポート   伊勢博(NPO法人Yamagata1理事)
キラリドリームプロジェクトリーダー
ダブルインフィニティコーディネート代表
NPO法人Yamagata1会員
齋藤博美(さいとう ひろよし)