キラリ☆ドリームアカデミー

大人がデジタル技術を身に着けることで収入に直結することができます。若年層がデジタル技術を身に着けることで、将来の日本を支える「人材の宝」となります。そんな、デジタル人材育成事業を推進中です。2022年、キラリ☆ドリームアカデミー開校予定です!!高校1年生必見!!大学共通テストに情報の科目が増えました!

プログラミング

「実践プログラミング塾」が終了しました(東根市)

 

7/29(土)
東根職業訓練校様にて「実践プログラミング塾」の企画・運営・講師を務めさせていただきました。

ビジュアルプログラミング言語でおなじみの「スクラッチ」を使ったゲームプログラミングです。

ゲーム・・・という言葉をあえて使っているのは・・・
ゲームが大好きな子供たちに、ゲームをするのも楽しいけれど、ゲームをつくる楽しさも知って欲しいという思いがあるためです。
また、大人・親目線としては、

プログラミングを通じて子供の能力を育みたい!

時代の流れを作れる人材を育成したい!

子供たちの可能性を引き出したい!

・・・という思いがあります。
今回は、いつものコースを「入門編」と位置づけ、バージョンアップした初級編も準備させていただきました。初級編ではシューティングゲーム作成を通じてより複雑なプログラミング&読解もしていただきました。
「ゲームを作る」というのは一見難しそうですが、いざやってみると意外と簡単だという事に、毎回、皆さん驚いてらっしゃいます。また、「論理的に考える楽しさを学べた」という感想も少なくありません。
「なるほど!」
「そうか!」
「そういうことか!」
「わかった!」
「動いたぁーーーー!!」
とても嬉しくなる瞬間です。
中には、付き添いの方から「スクラッチは子供用と思っていたけど、プログラミング的思考の使い方はテキスト言語とまったく同じですね!」という、エンジニア目線の感想もいただけるときがあります。本当にありがたいです。
そうなんです!見た目がビジュアルなだけで、アルゴリズムの考え方は、C、VB、Java・・・等のプログラム言語となんら変わりません。
そんなプログラミングを小学生という年代から実践できる環境が出来たという事が凄いことなんですよね♪
夏休み特別企画でしたが、子供たちはもちろん、付き添いの親御さんにも楽しんでいただけたようで本当に良かったです。
今後はゲーム以外の分野で、学校の勉強内容に合わせたプログラミングも進めて行くつもりです。

さぁ、子供も大人も、レッツプログラミング!!

■実戦プログラミング塾
 主催:東根職業訓練校
 日時:2017年7月29日(土)
入門コース 9:00~12:00
初級コース 13:30~16:30
 場所:東根職業訓練校
 講師:齋藤博美(NPO法人Yamagata1会員、ダブルインフィニティコーディネート代表)
キラリドリームプロジェクトリーダー
ダブルインフィニティコーディネート代表
齋藤博美(さいとう ひろよし)